無料ブログはココログ

リンク集

« 本を読む暇がない | トップページ | 長い一週間の終わりは雨 »

2023年2月17日 (金)

人生でまさか銅鐸を鳴らす事ができるとは!

20230217doutaku  まさか人生で銅鐸を鳴らす事ができるとは!

 クゥお~~ん、という、割と軽めのクリアな音だった。

 音が聴きたい方はこちらをどうぞ。

      ↓

 考古学ファンの方へ。 レア体験 銅鐸(ドウタク)を鳴らして見る  https://youtu.be/QHsYyjEWg-o

 

 場所は道の駅 「但馬まほろば」内にある「古代あさご館」。

20230717kodaiasagokan1 20230217kodaiasagokan2 この道の駅は仕事中よく利用していたが、「古代あさご館」の存在を知ったのはつい最近。 いつも仕事で忙しのでいつかは見学しようと思っていたら、その機会は結構早く訪れた。

Nagamotigatassekan 20230217nagamotigatasekkan   入り口からいきなりインパクトのある展示物。 映画レイダースのアークををおもいだした。 さらにその映画のパロディー?を「オレたちひょうきん族」でやっていて、ドイツ軍の調査官役に落語家の桂文ちんさんが出て居たなと。 そっくりで笑えました。

 目立たない場所にあるせいか、皆さん古代史に興味が無いのか、人影はまばら。 私が入る時に、すれ違いで夫婦が出てこられて、中に入ると見学者は私一人だった。 これはラッキー、静かに見学できる。

Asagokan 早速銅鐸を発見! 古代史といえば銅鐸でしょう。 昔のアニメ、鋼鉄ジーグは銅鐸を巡ってのストーリーだったと思う。 その時から銅鐸が気になって仕方がなかった昭和の少年。鋼鉄ジーグのエンディングのベース凄いよ。

 一見、この広間だけかとおもったら、目立たない場所に細い通路があり次の間に続いていた。

 

 

Yoroi すると正面にこの鎧が。 シンプルだけどインパクトあるな~

1676087470329

1676087550562_20230223214901Asago1Asago2 

 

20230211doukyoubanryukyou 龍の銅鏡とは! また龍繋がりだ。 呼ばれたかな~

 

 

 

 本日の体重 54kg

« 本を読む暇がない | トップページ | 長い一週間の終わりは雨 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本を読む暇がない | トップページ | 長い一週間の終わりは雨 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30