無料ブログはココログ

リンク集

« 仕事だけど旅気分 | トップページ | 昭和のコーナーでガーデニング »

2023年2月 3日 (金)

2022年 青森への旅・その12 十和田湖

20220905 20220905aomoriyaam600 ツーリング三日目の朝。 青森三沢は晴れ、薄雲が広がる空だ。 今日は仙台松島まで走る。 天気予報では、仙台へ向かう午後を中心に小雨。やれやれ今回もよく雨に遭う。 夜間に聞こえる貨物列車の音が、遠くへ来たな~という感じで良かった。 

 前日、時間切れで三沢航空科学館へ行けなかったのは三男さんにとっては非常に残念だったと思う。 宿泊した青森屋からは近いので、松島へ向かう前に立ち寄れたらベストだったのだが、三沢航空科学館は月曜日が定休日。

 今朝も三男さんのペースで、朝はゆっくり朝食をとって、9:00に出発。 この辺り性格がでるな~。 朝はアイスクリーマー不稼働、残念。 アイスクリームとインスタントラーメンを食べる事は私のライフワークだと常々公言しいる。←しらんがな

 青森三沢から一般道で松島へ向かう途中、十和田湖へ立ち寄ってお土産の「蜜リンゴ」を買う事にした。 何故だか、ここまでの旅で、以前よく買っていたサイズの「蜜リンゴ」が無く、十和田湖の土産物街へ行けば手に入ると思ったからだ。

 青森屋を出発して、直ぐに道を間違えた。 半端に道を覚えていたので事前の確認が疎かだったのと、三沢の辺りは一つの道路が複数の道路と名称が重なって居て難しい。 私の方位感覚も90度ずれていた。

 20220905jahatigoussam1010_20230125164301 20220905jahatigou1009am30694km  10:09 JA 十和田八郷ss 晴れてはいるが雲が多い目の空。 9月の東北は気候的に走りやすい。

 昨日のJA蓬田ssからは154kmしか走っていない。 燃費40.1km/L 市街地走行込でこの燃費は良いのではないだろうか。 あまりガソリン代を気にせず走れるレベル。

20220105mitinoeki  20220905mitinoekioiraseroman_20230125171001  「蜜リンゴ」を買う為に道の駅 奥入瀬ろまんパークへ立ち寄る。 残念ながら此方でもお目当てのサイズの「蜜リンゴ」は無かった。 ここは2013年8月に、母と家の家族四人で東北旅行した時にも立ち寄った。 その際、母に、ネットの中にヒバの木でできた玉が沢山入った物を買ってもらった。 青森県の木でもあるヒバはとても香りが良く、部屋の芳香剤にしていた。 昨日泊まった青森屋の大浴場の壁もヒバでできている。 私のお気に入り大浴場の一つだ。 

 無いと分かれば次へ急ぐ。 国道102号線 十和田道を西進 奥入瀬渓流沿いを走るのだが、路面コンディションの悪い事。 アスファルトはガタガタボロボロ、水があちこちに流れて居る。 交通量は多いしで快適な道では無かった。 観光客が道路沿いのアイコチに車を停めて、不意に道路を横切るのでブラインドコーナーは注意が必要だ。 奥入瀬渓流は過去何度も訪れたので今回は走りぬけた。 

20220905towadakohanomiyagemituringo 子ノ口から十和田湖畔を反時計回りに進む。 以前は「かん湖台」のある曲がりくねった峠を越えなければならなかったが、暫く来ないうちに宇樽部バイパスをいうトンネルが出来ており、休屋まで簡単に行けた。 かん湖台から見る十和田湖も素晴らしいのだが、今回は知ら無いうちに通り過ぎてしまっていた。 お陰で時間短縮にはなったが。

 

 休屋から土産物街が有る中山半島へ入って行。 早速数件のお土産物屋さんに入るが、お目当ての「蜜リンゴ」は無かった。 数軒の店主さんに聞いてみると、確かに以前は有ったが、今はこのサイズしか無いとの事。 どおやら中国製だったらしく、いろんな理由で輸入されていないのだそうだ。

 結局、食堂兼お土産物屋さんでこれを、母、家、娘の土産に買った。 一個一個のサイズが、むかし買って居たサイズの三分の一位しかな。 食べ応え無さそうで残念だが仕方がない。 このお土産物屋さんから十和田神社が近いので数年ぶりにお参りする事にした。

 

20220905towadajinjya2 20220905towadajinjya5 20220905towadajinjya3 当初の予定では無かった十和田神社に再び訪れる事ができた。 階段には日光のスポットライト、今回も神のお導きかもしれない。 とても静かで、良い気が流れて居る気がする。

 一の鳥居をくぐって参道を歩いている時に、大きな緑色の蛇が私の前を横切った。 青龍大権現様の使いで御座いましょうか。 

20220905towadajinjyaomamori  お参りを済ませて、旅の安全を願い三男さんと私の交通安全のお守りを授かり、家族には水琴のお守りを授かった。 次は何時来れるかな、十和田神社に。

 国道103号線に戻り、発荷峠をこえて南下。

20220905towadakohakkatougesita_20230203162301 十和田湖を放れる前に記念撮影。 鏡の様に穏やかな湖面。

 縄文遺跡のある大湯を通り、国道282号線を南下。 街道沿いの畑に咲く白くて小さな蕎麦の花がきれいだ。 天気も気候も穏やか、ツーリングはこうでなくっちゃ。 国道341号線に入りさらに南下し八幡平に入って行。 アスピーテラインも走ってみたいが今回はパス。 

 勾配がきつく、カーブも急で気が抜けない道が延々と続く。 道路沿いに「停まらない」の表示。 見通しが悪いので危険回避の為かと思いきや、火山ガスが流れて来るからだった。 おそろしい。

 いつの間にか日に陰りが出てきて影の部分では少し寒い。 長い下りワインディングロードに疲れた頃、ようやく田沢湖近辺に到着。 山間部でガソリンの消費が激しかったであろうから給油。

20220905eneostazawakoss 20220905eneostazawako144030866km 14:40 ENEOS 田沢湖ssで給油。 燃費44.1km 山岳路を走ったにしては燃費が良いが、給油量が少なかった可能性がある。

 ここで三男さんから予定が随分遅れて居る事を告げられる。 松島まではまだ250kmもあるのだ。 早い人ならそろそろホテルにチェックインする時間だ。 なのにあと250km。 私の蜜リンゴ探しとお参りで随分時間を取ってしまった様だ。 スンマセン

 予定を変更して盛岡ICから松島海岸ICまで全線高速を使う事にする。 夕食の時間に間に合うだろうか。

 本日の体重 54.5kg 

 

 

 

« 仕事だけど旅気分 | トップページ | 昭和のコーナーでガーデニング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事だけど旅気分 | トップページ | 昭和のコーナーでガーデニング »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30