無料ブログはココログ

リンク集

« AX-1のハンドルをツヤ消しブラックに塗装 | トップページ | ジャパニーズグラノラバーを頂きました。 »

2013年10月16日 (水)

AX-1 カウルの補修

Katadori1  AX-1再始動にあたって、布ガムテープで誤魔化していたカウルの割れをちゃんと?補修する事にした。

 割れた部分は今までどおりプラリペアで補修するが欠損した部分は初めて「型取くん」を使用して再生してみる。

                     

                  

Katadori2  パッケージの中には三枚の型取くんが入っている。 これらは一度使った後何度でも繰り返して使えるところが嬉しい。

                 

                  

Katadori3  約90℃のお湯につけて柔らかくして使用する。

                   

 

                        

Katadori4  今回は同じ型の部分が反対側のカウルに残っていたので雌型が対象になる様に型取する。

  

                 

                      

Katadori5  欠損した部分に型取した雌型をあててプラリペアを流し込む。

                   

                       

Katadori6b  大まかに再生した部分をルーターで形を整えて完成。 ここまで再生できるなら「型取くん」アリだな。

               

         

           

Katadori7  調子にのってアッパーカウルの取り付け部分も再生。

                

 

                  

Katadori8  強度を稼ぐためにかなり厚盛りでつくった。 カウル取り付け時には目立たない場所なのでこれでOK。

 さあこれで次の休日にカウルを取り付ければ完成だ。

 年内に一回ツーリングに行くで~

« AX-1のハンドルをツヤ消しブラックに塗装 | トップページ | ジャパニーズグラノラバーを頂きました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AX-1 カウルの補修:

« AX-1のハンドルをツヤ消しブラックに塗装 | トップページ | ジャパニーズグラノラバーを頂きました。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29