無料ブログはココログ

リンク集

« カップ麺でコロッケそば | トップページ | ステップワゴンのO2センサー交換 »

2011年12月14日 (水)

オッサンvsPAO

 ガソリンスタンドのピットの中から声が聞こえた。

 「あかへん!」 「かたい」 、なにやら苦戦中の様子。

 一人では無理とみたか助っ人に店のオバサンをよぶ。 そしてボンネットを開けるノブを引くように指示。 どおやらボンネットが開かないようだ。

 オバサンがノブを引くもボンネットは開かない。

 「一回表に出すわ」 「ん~んん」

 ピットから人力で押されてPAOが出てきた。 何だ、エンジンもダメなのか?

 更に作業は続く。 オバサンはノブを引き、オッサンはボンネットの前に手をかけて「狭い!」 「カタイ!」と唸る。

 そのうちにお客さんが来てオッサンは給油作業に行ってしまった。

 するとオバサンは私に「運転手さん、これ開けられへんか見てえな」と。

 そこでノブを引いてみるが何か手ごたえが悪い。 ワイヤーが錆びているのかな、なんせ古い車だし。 とりあえずボンネット側にもレバーが無いか確認した。

 車の前からボンネットの隙間を見ると、ナント手前に蝶番があるじゃあ~りませんか。 はは~ん、とボンネットの後端を見ると5mmほど浮いていた。 ニヤリ

 ボンネットは後ろから前に開くタイプだったのだ。 旧車にたまにあるタイプで、 クラシックなスタイルにデザインされたPAOだけに、この辺も凝っていたみたいだ。 エンジンルームには小さなマーチのエンジンが搭載されていた、懐かしい。

 反対に開くボンネットを見てオバサン大笑い。 それを見ておっさんはあんぐりと口を開けていた。

 オッサンはよほど恥ずかしかったのか私には目もくれず、エンジンにオイルを入れ始めた。

 なるほど、ピットでエンジンオイルを抜いたはいいが、ボンネットを開けられずエンジンもかけられなかった訳ね。 プププ

 私はおじさんが可哀想なのでそ知らぬフリをしておいた。 気遣ってます~

 オイルを入れ終わると程なくオーナーが車を取りに来られた。 そしてオッサンは何事も無かったように車を引き渡した。 面子は保たれた。

 あのタイミングなら、私が居なければ間に合っていなかったな。

 オッサン、もう少し冷静に行きましょう。

 PAOとフィガロは私の大好きな車だ。、特にフィガロは。

 トランポが必要なかったら欲しい2台だ。

 トヨタならAW11、 マツダなら初代ロドスタなんか良いですね~。 

« カップ麺でコロッケそば | トップページ | ステップワゴンのO2センサー交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オッサンvsPAO:

« カップ麺でコロッケそば | トップページ | ステップワゴンのO2センサー交換 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31