無料ブログはココログ

リンク集

« 荒業、自室でバイクの整備。 | トップページ | 頑張るKachi&三男さん »

2011年7月 6日 (水)

時代を感じる造り

20110706xlr80a 取り外したリアフェンダーのステーは、ここまでしなくても、という位頑丈で約1kgあった。 ひょっとして二人乗りも考えたのではないかと思ってしまう造りだ。

 ナンバープレートベースまで鉄製で出来ておりバッチリ錆びている。 現代のバイクならLEDテールランプに樹脂製のベースだろう。

 

 

 

20110705xlr80d 
 ここまでやったついでに、灯火類の配線を付け外しし易いようにしたいがギボシを買いに行くのが面倒だ。 でも今やっておかないと後々後悔しそうではある。 あした仕事が終わったらコーナンでも見に行こうか。

 今の所我が家のXLR80を最もみすぼらしく見せているのがサビサビのスポークとメッキリム。 花咲かGにどぼ浸けしたらどおなるだろうか。 またはCRM50の前期物のホイールが付きはしないか。

 いやいやそこまで考えだしたらキリがないし、本当に今いなければならないのはAX-1だ。 子供にはしばらくこのままで練習してもらおう。

 鉄製のナンバープレートベースにメッキリムのホイール、時代を感じますなぁ。

  

« 荒業、自室でバイクの整備。 | トップページ | 頑張るKachi&三男さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代を感じる造り:

« 荒業、自室でバイクの整備。 | トップページ | 頑張るKachi&三男さん »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31