無料ブログはココログ

リンク集

« 大きな梨が届いた。 | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・17 ラインテープのチェック »

2010年10月 5日 (火)

30年ぶりの歯科医院通い・その3 型取りと樹脂の詰め物

 前回の治療が8月31日だったので、まるまる一ヶ月あいての歯科医院通い。

 勤務の都合で、9月の予定を2回も変更したので10月になってしまったのだ。 「その3」とはいいつつ、今回で4回目の通院。  

 一ヶ月もあくと、歯の詰め物がだいぶ減ったが、かろうじて残っていた。 まずはその詰め物をとりさり、またもや歯を削っていく。

 先生が言うには、歯の根の先の先まで虫歯だったので、今日やっと先までいけたとか。  そして今日はやっと型取りもした。

 治療している歯の上の歯も型取りするのだが、とてもやわらかいゼリーのような物で型を取る。 こんな軟らかいもので型が取れるのかと思ったが、ものの数分で硬化して剥がすときには、かなりの弾力性のある物に変わっていた。

 治療中の歯には、今回はいつもと違う詰め物をした様で、臭いがまるでちがった。 でもその臭いには何か覚えがある。

 アクリル接着剤の様な、FRPの硬化液の様な、アセトンの様な、まあとにかく不快感のある臭いだ。

 奥さんが言うには、幼稚園児のとき、臭いに敏感なウチの子はこの臭いが嫌で「クサイ クサイ」と言って泣いたそうだ。 先生は、痛いとか、怖いとかではなく、「クサイ」と言って泣く子は初めてだと珍しがっていたそうだ。

 治療が終わった時、歯に樹脂を詰めたので、ガムやキャラメルの様な粘着性のある物は食べない様に言われた。 

 次の治療は10月12日。 被せ物をして、やっと治療が終わるらしい。

 結構時間がかかったな。 

« 大きな梨が届いた。 | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・17 ラインテープのチェック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりの歯科医院通い・その3 型取りと樹脂の詰め物:

« 大きな梨が届いた。 | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・17 ラインテープのチェック »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31