無料ブログはココログ

リンク集

« マルティ日記20100613・焼き付き | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・10 赤色部分の切り抜き »

2010年6月14日 (月)

ドキドキわくわく、スクラップ持ち込み体験記

 バイクでサーキット走行をすると、街乗りでは考えられないペースで金属スクラップが発生する。

 転倒して折れてしまったステップやレバー類。 ブローしたエンジンの残骸などなど。 ヤフオクで出品できるレベルの物なら、そおすればいいが、どおにも、こおにも、売れない物もある。

 私も、家に、ZXR250のシートレール ゼファー1100のサイレンサーの残骸 NSRのエンジンの腰下があり、狭い部屋やトランポを占拠して困っていた。

 そこで一度、家から会社への途中にある、鉄・非鉄金属回収業の「ダイハチ」へ行ってみる事にした。 帰宅時に止まる信号の角にあり、いつも大きな車が40tスケールで計量しているのを見て、気になっていたのだ。

 せっかく持ち込んでも、引き取ってもらえないと、二度手間なので、前日に前もってバイクのスクラップもOKか聞きに行った。

 スクラップ業者といえば、勝手に、スキンヘッドの大男が出てきて、「なんじゃ~い」という、なにか怖いイメージがあったが、全くそんな事はなく、ベッピンのお姉さんが出てきて「1kg以上から大丈夫です、持ってきてください」と言う返事だった。

 翌日、早速ステップワゴンにスクラップを積んで持ち込んだ。 小さい物は台ばかりで量れるし、大きくて量があれば車ごと計量してもらい、スクラップを下ろした後の重量差で値段がでるのだ。

                  

             

Daihati  今回持ち込んだスクラップは40kgもあった。 値段は¥651。

 家で邪魔になっているものが片付いて、さらに売れるとなれば、こんな良い話はない。

 しかも、最初から最後まで、とても丁寧な対応で、素人でも安心して持ち込みができた。 お客が多いのも納得できる。 

 という訳で、またスクラップがたまったら、お世話になります「ダイハチ」さん。

 ちなみにホームページはこちら

        ↓

  http://www.kobe-daihachi.co.jp/

 

« マルティ日記20100613・焼き付き | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・10 赤色部分の切り抜き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドキドキわくわく、スクラップ持ち込み体験記:

« マルティ日記20100613・焼き付き | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・10 赤色部分の切り抜き »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31