無料ブログはココログ

リンク集

« 残りの部品到着 | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・11 青ラインのマスキング »

2010年6月18日 (金)

縮んだ!

Tijimu  春先に、約二年使った、キャブレターのフロート室のゴムパッキンが劣化で伸びてしまい、枠に収まらなくなったので交換した。

 この時、フロート室には若干、混合燃料が残っていた。

 その一ヶ月後、メインジェット交換の為にフロート室を開けると、すでにゴムパッキンが伸びていた。 わずか一ヶ月で1set¥2,000もするパッキンをダメにしてしまいショックだった。

 そして、その時も、微量ながらフロート室に混合燃料が残っていたので、ゴムパッキンを劣化させる原因は混合燃料だと思った。

 ただ、その時は、新品を一ヶ月使っただけなので、伸びが少なく、上手く押し込めたので再使用ができた。

 フロート室を組んだあと、混合燃料が干からびてドロドロにならない様に、燃料チューブからパーツクリーナーを流し込み、フロート室をイッパイにしたあと、ドレーンからパーツクリーナを抜いておいた。

 今回、焼き付き後、メインジェットを交換する事にしたので、パッキンは諦めるつもりで再度フロート室を開けてみてビックリ。

 なぜだか分らないが、伸びていたパッキンが縮んで、キレイに収まっていた。 パーツクリーナでゴムが縮んだのだろうか?

 ゴムを伸びさせる油脂があれば、縮める溶剤があってもおかしくは無い。

 おかげで、\2,000を無駄にせずにすんだ。

 \2,000あれば、メインジェットが4個買えるのだ。

 

« 残りの部品到着 | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・11 青ラインのマスキング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縮んだ!:

« 残りの部品到着 | トップページ | 缶スプレーでヘルメットの塗装・11 青ラインのマスキング »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30