無料ブログはココログ

リンク集

« 両方カッコイイ! | トップページ | 父の日のプレゼント »

2010年6月20日 (日)

MC21のエンジン、終わってしまった・・・

 結果を先に述べると、私の「21」のエンジンは壊れてしまった。 ア゛~~

Yakituki0620b   今日は午後から、先日、鈴鹿サーキットで焼き付いた「21」」のエンジンの修理を行った。

 部品は、先週に前もって調べて、シリンダーとピストンとパッキン類を用意しておいた。

             

              

Ykituki0620a_2  エンジンを開けると、酷い状態のピストンが出てきた。 ピストンを外すだけでも相当苦労した。 当然シリンダーも酷い状態であった。 でも交換すればエンジンは復活してくれるものと思っていた。

             

                     

Wn  シリンダーガスケットを新しい物に交換して、シリンダーを組み込み、シリンダヘッドガスケットを付けて、シリンダーヘッドを載せたとき、不具合に気づいた。

 スタッドボルトが一本短い。 何故だか判らないが、このままだと、一箇所、シリンダーヘッドのナットが付けられないので、Wナットをかませて、抜き取った。

                

               

               

Nagasa  左が、今回買ったシリンダーに付いていた、短いスタッドボルト。 右が、今まで使っていたシリンダーから部品取りしたスタッドボルト。

 長いスタッドボルトと交換して無事にエンジンは組みあがった、しかし・・・。

 ラジエターに水を入れ、混合燃料を作り、いざ押しがけをしてみるとリアタイヤがロックしてエンジンがかからない。

 レーシングスタンドにバイクを立ててリヤホイールを回してみるが、「カツーン」と抵抗があり、回らない。 と思うと、何かの拍子にクルクル回りだす。

 そして、もう大丈夫と思えるくらい、順調にホイールが回ったので、もおいいだろうと再び「押しがけ」をすると、アッサリとエンジンがかかった。

 「オオッ!」と喜びもつかの間、「カキィーンッ」と金属音がして、エンジンは止まった。 その後、ギアを入れたままだと、一切ホイールは回らなくなった。

 何か異物がクランクに入り込んでいたのだろうか。

 クランボンは笑ったよ、私も泣きながら笑ったよ、ブクブク。

 う~ん、「わしゃあ、どうしたらええがじゃ!」

 9月までにエンジンさ~がそ。

 どっぷり疲れた父の日であった。

 

   

« 両方カッコイイ! | トップページ | 父の日のプレゼント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MC21のエンジン、終わってしまった・・・:

« 両方カッコイイ! | トップページ | 父の日のプレゼント »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29