無料ブログはココログ

リンク集

« 忘れた頃に届いたもの | トップページ | パーツをリストアップ »

2010年3月29日 (月)

缶スプレーでヘルメットの塗装・4 下地の塗装

 今日の神戸は、晴れ時々小雨、気温は低目で、屋外塗装するには、厳しい条件だった。 しかしながら、急に仕事が休みになったので、少しでも作業を進めるべく、一瞬の晴れ間を狙って塗装を敢行。

                 

               

Sitaji1  スーパーで貰ってきた、ダンボール箱の塗装台にヘルメットを置いて塗装開始。

 ダンボール箱だけだと軽すぎて風でひっくり返る事があるので、中に要らない雑誌を数冊入れている。 屋外塗装は怖いのだ。

 まず、ガンメタのヘルメットに、サフェーサー代わりにグレーを塗装する。 一度に濃く塗らないで、この様に少しずつ何度も吹き付けるのが失敗が少なくてすむ。

                

                  

Nurikata  スプレーは、ヘルメットの少し手前から噴霧し、そのまま振り切る。 ヘルメットの位地から噴霧すると、噴射が安定しておらず、ダマや垂れが出来やすい。

 ヘルメットとスプレーの距離は約30cm。 振り抜き速度は片道約2秒。

 

 少しずつしか色は付かないが、これを何度も重ねていく。 そのために、スプレーは少し多めに買っておく。

                

                   

Sitaji3  少し塗っては乾かして、を繰り返し、この状態になる。

 「急がば回れ」の典型的な作業だ。

 ここまでやって、家の中に入れたとたん、小雨が降りだした。 間一髪セーフだった。

              

                 

Youjyou 自分の部屋の出窓で養生させていると、「クサイ クサイ」と家族から大ヒンシュクをかったので、今回も裏技を使った。

              

                  

Youjyou2  じゃ~ん、これが必殺、「お風呂場塗装ブース」。

 ここを閉め切って、換気扇を回しておけばOK。 

 前には、ここでレジャーシートを壁じゅうに貼りまくって、タンクを塗装した事もあるのだ! ←そこまでやるかって感じ

 今回はここで一旦終了。 暫く乾燥させたあと、次回はヘルメットのベース色、白色の塗装から。

 つづく

« 忘れた頃に届いたもの | トップページ | パーツをリストアップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 缶スプレーでヘルメットの塗装・4 下地の塗装:

« 忘れた頃に届いたもの | トップページ | パーツをリストアップ »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31