無料ブログはココログ

リンク集

« 見れた | トップページ | 今日も遅くなった »

2009年12月15日 (火)

なんであんなに滑るのか?

1129dango  サーキットを走るとき、コースインしたら、数周はタイヤが温まるまで慎重に走る。

 なぜかと言うと、冷えたタイヤはゴムが硬くグリップしない、とばかり今までは思っていた。

 しかし、よくよく考えてみると、バイクで通勤するとき、あれほどタイヤは滑るだろうか。 真冬に出発してすぐ、交差点を結構な勢いで曲がってもサーキットでのコースイン直後ほど滑ったりしないではないか?

 もしタイヤの冷えだけが原因なら冬場、街のアチコチで転倒するライダーがいるはずだ。

 とすると原因はサーキット用ハイグリップタイヤにあるのか。 サーキット用ハイグリップタイヤは、一度冷えると普通のタイヤより滑るとか、それも変な話である。

 それでも原因はタイヤにありそうだ。 サーキットを走った後のタイヤを見てみると、激しい摩擦でタイヤ表面がささくれ立っている。

 このささくれが細かいだけに、冷えやすく、さらにタイヤ温度が上がるまでは、タイヤと路面の間を転げて、コロの様な役割を果たし、まるで砂の浮いた路面のように滑るのではないか。

 それならサーキット、コースイン直後が滑りやすかったり、ハイグリップタイヤが滑りやすいのも説明がつく。

 バイクにのって20年以上になるが、いまごろそれに気づいた。

 最近はプロでなくてもタイヤウオーマーを使う人が多いが、一度あれでタイヤを温めて、どれくらい効果があるのか試してみたいものだ。

« 見れた | トップページ | 今日も遅くなった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんであんなに滑るのか?:

« 見れた | トップページ | 今日も遅くなった »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29