無料ブログはココログ

リンク集

« あ~あ | トップページ | もうすぐキャンプ~♪  »

2009年7月19日 (日)

灼熱の耐久実験

 仕事中、休憩時間込みで、2時間の待機時間ができた。 エアコンを効かせて一眠りしたいところだが、2時間のアイドリングはいかがなものか。

 そこで、一度、この真夏にエアコンをかけず、とい言うか、エンジンを切って、車内で仮眠できるか試してみる事にした。 もし試してみて、どおににもならなければ、それからエアコンをつけてもいいのだから。

 まずは、両窓は当然全開。  キャビンの全周カーテンで日差しをカット、と思ったら半分しか無い。 誰だカーテンを半分取り外したヤツは! 無いものは仕方が無いので我慢。

 あっつ~、これでは10分も寝られなかった。 

 次の手段は、運転席のドアを開ける。 オオッこれは予想以上に風が通る。 窓とドアではここまで差があるものか!

 長いトレーラーの場合、退出用に備えて、トレーラーを「ヘの字」に折ってパーキング枠を2レーン使うので、横の大型とドアがぶつかる心配は無い。

 キャビン下のエンジンからの熱もゴッソリ取り去る感じでこれは効果あり。 ただ、駐車中の車のドアが全開だと「何事か?」と思われるので、適度なもので、開度を調整。

助手席のドアも開ければ、もっと涼しそうだが、この日はコレで十分なのでやらなかった。 今度からは紐でも持って行こうか。

これは、この日の気温が約30℃で高速道路の高台にある比較的風通しが良いパーキングという条件下での実験。

※条件が違えば、熱中症にもなりかねないので、注意が必要。

 待機時間がおわって、出発する時に駐車場を見ると、いつも同じタイミングで待機している他社のローリーさんも窓全開で頑張っていた。 大変ですな~

 お互い頑張りましょう! 

« あ~あ | トップページ | もうすぐキャンプ~♪  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の耐久実験:

« あ~あ | トップページ | もうすぐキャンプ~♪  »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31