無料ブログはココログ

リンク集

« どんな液体? | トップページ | 2009サーキット活動一旦終了 ありがとうございました »

2009年5月 9日 (土)

実験用品屋さんの、「走る実験室」

 先日、次回のサーキット走行に備えて、RCバルブの調整をしてみた。

                          

Rc1  以前から、サービスマニュアル通りにRCバルブの調整を行うと、バルブの開き具合に若干の余裕があるように感じていた。

 こちらが、正規の位置で調整したバルブの開き。 かなりの位置までバルブは開いているが、まだ余裕がある。

                 

              

Rc2  正規の位置に調整したRCバルブを、さらにHiに回すと、バルブがポートの縁ぎりぎりまで開く。

 素人考えでいくと、この状態でHiの位置に調整すれば、RCバルブが全開になるはず。 しかし、中低速域では、常に半開きになり、乗りにくくなるのも想像できる。 

 だが、そこはサーキット限定ということでわりきって、一度このセッティングを試してみる。

 せっかくのサーキット走行なのだから、なんでも実験してみればいいのだ。

 というわけで、明日は実験用品屋さんの「走る実験室」なのだ。

 PGMⅢ、壊れるかもね~  

« どんな液体? | トップページ | 2009サーキット活動一旦終了 ありがとうございました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実験用品屋さんの、「走る実験室」:

« どんな液体? | トップページ | 2009サーキット活動一旦終了 ありがとうございました »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30