無料ブログはココログ

リンク集

« お気に入りのクリスマスソングと言えば | トップページ | 部品到着 »

2008年11月 6日 (木)

指定ゴミ袋について

 最近はほとんどの地域で、ゴミを出す際に、市指定のゴミ袋が必要だ。 その指定袋は有料で、どこかで購入しなければならない。

 いままで、ゴミ袋を購入していた人は、大差ないが、スーパーのレジ袋でゴミを出していた人にとっては納得行かない出費だろう。

 スーパーのレジ袋をゴミ袋として活用するのも立派なエコだろうに。 それを、ゴミを入れて捨てる袋をわざわざ買う、なんだか変な話だ。

 そこでこんなアイデアはどうだろう、 「指定ゴミ袋になるレジ袋」。 お店もサービスの一つになるのじゃないだろうか。 

 さらに、エコバッグで10回買い物をすると大袋がもらえるサービスがあるとか。

 このアイデア、どないだ。

« お気に入りのクリスマスソングと言えば | トップページ | 部品到着 »

コメント

私が住んでいた市は、指定ゴミ袋のはしりというか、どうやら始めたところらしいです。
私が高校生の頃から、はじまったことなんですが、昔、笑っていいともで、疑問があると色んなところに直接タモリさんが電話して、問い合わせるというコーナーがあったんですが、そこでも珍しいということで、市役所に電話がかかってきたそうです。
指定ゴミ袋にするワケは、単なる袋の利用だけでなく、その袋そのものにゴミ処理の料金が加算されているという話でした。
それと、お金を出して袋を買うことで、ゴミの量も減ったそうです。
不燃ゴミ用の袋は、丈夫で破れにくいので、自転車通学の子たちの雨の日の、カバン入れになってました。
そうそう変り種では、降灰袋ってのもあって、桜島の降灰を入れる袋もありました(;´▽`lllA``

ウチはまだ、制度が導入されておらず、最近ではゴミの不法入国者が絶えません←国かよ!

 ゴミ袋をカバン入れにするなんて、気取りがなくていいですね~。

 私もキャンプのときには、ゴミ袋に頭と両腕を通す穴をあけて、簡易合羽にして使ったりしましたよ。

 桜島の灰は大変でしょうね。 以前ツーリングで真夜中に桜島近辺を通過中、意識がモウロウとしていたので、「雪かぁ~」なんて思って、暫くしてそんな事は無いだろうと気づき、初めて火山灰を体験しました。
 
 あとは、桜島フェリーにも乗りました。 うどんを食べる暇が無いくらい、乗って、すぐに対岸に到着した感じがしましたが、極度に疲れいた私が気絶でもしていたのですかね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指定ゴミ袋について:

« お気に入りのクリスマスソングと言えば | トップページ | 部品到着 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31