無料ブログはココログ

リンク集

« 食パンマンとコラボ | トップページ | ひょっとして、走り納め? »

2008年11月25日 (火)

転倒した本当の原因

Yakituki  10月20日にIGCで転倒した原因が焼きつきだとわかった。 転倒が、あまりに唐突で「何で?」という今までに無い感覚だったので不思議に思っていた。

 その焼きついた原因が、また実に情けない、分離給油の2stオイル切れ。 走行中にオイルランプが点滅したが、すぐには空にならないだろうと、その後暫く走ってしまった。

 一般道なら、オイル消費量も少ないので、暫くは走れるのだろうが、サーキットでは即なくなった。 こんな単純ミスの為にシリンダーとピストンをダメにしてしまった。 中古ながら予備のシリンダーとピストンが有るのが不幸中の幸い、 早速ガスケットを手配しなくては。

                     

                 

Yakituki2  ウオーターポンプカバーを修理後、エンジンをかけた時に、「ひょっとして」と思ったが、その予感はあたっていた。

本当なら、サーキットへ行く前に、チャンバーをはずして、シリンダーをチェックする予定だったのだが、仕事が多忙でできなかった。

 そのチェックが出来ていれば、わざわざサーキットへ「21」を持ち込まずにすんだのに。

という訳で、この日は三男とkachiにバイクを借りて20分X三回走行した。 お二人さん有難う御座いました、楽しかったです。

 そして「21」は長い?冬眠に入るのであった。 はぁ~

 

« 食パンマンとコラボ | トップページ | ひょっとして、走り納め? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転倒した本当の原因:

« 食パンマンとコラボ | トップページ | ひょっとして、走り納め? »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31