無料ブログはココログ

リンク集

« 鳥居本駅舎 | トップページ | 出勤か »

2008年10月24日 (金)

「にぬき」が通用する地域はどこまで?

Ninuki  私が生まれ育った、京都の左京では、ゆで卵の事を「にぬき」とも呼ぶ。

 でも、他の地域では聞いたことがないので、子供心に、局地的な方言なのだと理解していた。

 ところが今朝ラジオを聴いていたら、滋賀県の人が、ゆで卵のことを「にぬきと言う」と言っていた。 

 大阪出身の奥さんは「にぬき」という言葉は知っていたが使ったことは無いという。

 と云うことは、「にぬき」文化は、左京から滋賀県へかけて分布するのかもしれない。

「にぬき」の語源は、おそらく卵を煮る→完全に固まるまで煮る→煮抜く→にぬき、ではないかと私は思っている。

 ※ 撮影のために、ゆで卵スタンドを探したが見つからなかったので、ためしに立てて見たら意外とあっさり立った。

  ちなみに、この卵は生卵。

« 鳥居本駅舎 | トップページ | 出勤か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「にぬき」が通用する地域はどこまで?:

« 鳥居本駅舎 | トップページ | 出勤か »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29