無料ブログはココログ

リンク集

« 丙種化学特別講習 一日目 | トップページ | フジパンの円盤パン »

2007年6月 7日 (木)

STレーサ→公道走行仕様へ・その10 

Nsr0604g キャブレターを取り外した後は、インテークチャンバーとオイルポンプを付けるために、シール栓?を取り外した。

 一応「シール栓」と書いたが、正式名称は分からない、グロメットだったような気もする。

                                                       

Nsr0604h 取り外したシール栓はこの様なものだった。

相当強固に押し込まれているのかと思いきや、「こんなのでいいの?」という位、簡単に抜けた。

                                                                                       

                                                                                                   

Nsr0604i シール栓を取り外した部分にインテークチャンバーを取り付けた。

これが付いているのと、いないのでは、一体どんな違いが有るのだろう?。

 これが無いと走れないと言う物では無いだろう、STレーサーは取り外して走るのだから。

 ここでもう一つ気になるのが、中央にある、淡いグリーンのチューブ。 フレーに取り付けられたポリ容器に繋がっている。

 本来はどこに繋げるものなのか?、今度Oさんの89NSRを見せてもらおう。

« 丙種化学特別講習 一日目 | トップページ | フジパンの円盤パン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STレーサ→公道走行仕様へ・その10 :

« 丙種化学特別講習 一日目 | トップページ | フジパンの円盤パン »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30