無料ブログはココログ

リンク集

« スリップオンマフラー製作計画・3 | トップページ | あぶなかった »

2007年3月 9日 (金)

電気中華鍋

 オール電化の家が増えて、台所で火を使う事が無い家もあるらしい。 しかし、料理に炎が無いのはいかがなものか?

 特に中華、そして中華鍋はどおすればいいのか? IHクッキングヒーターに置いたところで、底の丸い中華鍋はヒーターとの接点が極端に少ない、というか点に過ぎない、これじゃ調理は不可能だ。

 そこで思いついたのが「電気中華鍋」だ←またしょうもない事を

 鍋の柄にコードが付いていて、鍋全体が発熱するのだー! コンセントがあればどこでも使える優れものだ。

 会社で料理の話になった時にこのアイデアを言ったら「バ~カ、重いわい!」と一蹴された、クッソー自称発明家エイジソンを馬鹿にしやがって! 特許取ってもおごってやらねーぞ。

 重けりゃチタンで作ればいいんだよ、加熱したらレインボウカラーに焼けてきれいになる、と言うオマケ付きじゃや。

 電気バケツ 電気ほうき など面白い商品を開発する パナソニックで是非お願いしたい。

 それにしても、「エイジソン」というネーミングは、なんだか損してそうな名前だな。

« スリップオンマフラー製作計画・3 | トップページ | あぶなかった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気中華鍋:

« スリップオンマフラー製作計画・3 | トップページ | あぶなかった »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29